付き合う前 デート 遅刻

付き合う前のデートで遅刻する心理

スポンサーリンク

遅刻にはたくさんの事情があります。
通常、付き合う前のデートで遅刻するということはありえないように思われがちですが、付き合う前のデートだからこそ緊張で前日眠れなかったりしてきちんと起きられなかったということもあります。
また、駆け引きの一つとしてわざと遅刻してくる人もいます。
このわざとの中には好意を持っていて気にして欲しいから遅れてくる人と好意を持っているわけでもないので遅れてくる人の2パターンがあります。
こうした付き合う前のデートで遅れてきた時の対応によって好意があるかないかを見極めるポイントになります。
見極められることで今後の展開をどのようにしたら良いのか考えるヒントにもつながりますので、理解しておくと良いです。
まず、一般常識ですが連絡があるかどうかです。
好意を持っている人を待たせている場合、通常よりもかなり気にしているはずなので必ず連絡があります。
逆にいつまでも連絡がない場合は相手のことを気にしていない証拠にもなります。

スポンサーリンク

また、遅れてきてことに対しての謝罪に関しても、きちんと素直に理由を明確した上で謝罪をしてくれるのかその場限りの謝罪で終わるのかという部分で相手の本心はずいぶんと見抜けます。
基本的に一言も謝罪がないような人はほとんどいませんが、とりあえず謝っておくような態度の人は好意を持っているとは言えません。
そして、待っている方の対応としては連絡がないような人であれば30分程度待ってみて帰る旨をメールなどで伝えます。
その後の相手の反応次第で今後どう接するかを見極めます。
ただ、全ての人に当てはまるわけではないのでその時々の状況で自分なりに判断することも大事です。
さらに、一度や二度のことであれば相手の対応によっては好意を抱いている可能性も捨て切れませんがあまりにも続くようであれば、はっきりと嫌だと伝えて、許すことはしないようにしてください。
このような行動をする人というのはどのような人間なのかということをきちんと考えるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加