付き合う前 デート 遅刻

付き合う前のデートに遅刻したときは

スポンサーリンク

 告白はまだしておらず、付き合う前のデートの際は遅刻はできれば避けたいところです。
なぜなら、まだ相手の方は付き合い始めていないのでお互いの事をよくわかっていません。
人を判断する際にこうした遅刻などの数少ない情報は非常に重要なものとなってしまいます。
そのため、告白の際にふられてしまう可能性も高まります。
ですので、もしデートで遅刻してしまった際には、申し訳ないという気持ちを相手に伝えることが先決です。
事情を伝えたい気持ちがあってもまずは謝りましょう。
相手のいらいらを沈めることで、いくらか楽しい気分でその後のデートに繋げることができます。
もし正当な理由があるのなら、謝ったあとに簡潔に伝えましょう。
相手もいらいらしているので、ながったらしい説明はかえって待ちきれず逆効果になることもあるからです。
また、なるべく移動中には、今急いで向かっているという連絡を入れておいたほうが誠意が伝わるし、少しでも長く待っていてくれるので、連絡はいれておくほうがよいです。

スポンサーリンク

実際にデートに入ったら、とにかく相手を楽しませることだけを念頭に置きましょう。
終わりよければすべてよしと言うことわざにもあるように、相手にとっての最終的な印象は、結局はそのデートが終わった際の気分で決まることが多いです。
その時の相手の気分が行き先にふさわしくないと感じた時には行き先をもう一度考え直し、機転を利かせて少し落ち着いた場所に変更するなどといった対応も必要になる場合があります。
なるべくイジリなどは行わず、相手によりそって対応してあげたほうが良いです。
このように対応していればやがては相手の機嫌も直り、遅刻したぶんの悪印象を取り戻せる可能性が高まります。
付き合う前はどうしても他人行儀になりがちなので、誠意を持って接すると、その分逆に高評価となりうることさえあります。
付き合う前のデートにおいて、遅刻はかなりの痛手にはなってしまいますが、誠意ある対応を怠らなければ挽回することも十分可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加